所長ブログ

2012年2月14日 火曜日

偽造パスポートについて

昨年1年間に多数の申請をさせていただきましたが、全て許可されています
しかし、1件だけ、許可されるはずだったのに、ご本人が許可を受けずに日本を出国してしまったケースがあります。
在留資格の更新申請時にパスポート有効期限が切れていて、前回の証印シールも紛失。
結局、許可をもらうためには新しいパスポートを作らなければならなくなり、それができない為に自ら母国へ帰ってしまったらしいのです。
その方の知り合いの話によると、偽造パスポートだったに違いないということ。
当然、私もそのパスポートは手にとって見ていましたし、その国の本物のパスポートもたくさん見ていますが、全くそれとは分かりませんでした。
許可が出るはずだった日に、入国管理局まで付き添って行った方の話では、許可が延期になってご本人は泣き崩れていたそうです。およそ1か月の猶予をもらったのに、偽造パスポートを作り直すには1か月では足りず逃げて行ったのではないか、と。
不正を行うと、結局あとで自分の首を絞めることになりますね。

現在、在留外国人の取締が厳しく行われている地域もあるようです。許可を得ている在留資格と違う活動をしていたり、不法残留の外国人が次々と捕まっていると聞きました。今度の入管法改正に向けた動きかなという気もいたします。

不法残留等でお悩みの方は → こちら

投稿者 行政書士 佐藤上野事務所

アクセス

大きな地図で見る 住所:〒111-0031
東京都台東区千束1-16-11-303
【アクセス】
東京メトロ日比谷線
入谷駅 徒歩6分、三ノ輪駅 徒歩9分
つくばエクスプレス
浅草駅 徒歩5分
【23区内 出張訪問対応】
事務所詳細はこちら
お問い合わせ
  • RSS配信
  • RSSヘルプ